topread

title05

オホーツクの清らかな水と澄んだ空気に恵まれた大地から育まれる自然と調和し、次世代へ命をつなぐ土づくりにこだわり、持続可能な農業に取り組んでいます。
秋に投入する堆肥の購入先には、必ず足を運び自分の目で確認しています。堆肥を入れ土中の微生物を増やし地力の向上に努め、さらにキカラシという緑肥を玉葱の収穫後に栽培し畑に鋤き込みます。春に肥料をまく時には化学肥料を減らし、有機質肥料を入れ土作りにこだわっています。
できるかぎり農薬を減らすため、畑をよく観察し効率的に使用する事で回数を減らします。畑の周りの草刈りをし、害虫の発生を抑え、畑にはえる雑草は手作業で除草します。暑い夏の日に手作業での除草は大変な重労働ですが、安心で安全な作物を食卓に届けるよう、これからも継続していきます。

title05

入植当時の土壌は肥沃ではなく石がとても多い悪い条件の土地で、ときには水田の冷害にも悩まされ、農業者の暮らしはとても大変でした。
そんな肥沃ではないこの地域で、農業者の所得向上に適した作物はないだろうかと試行錯誤し、道南より一握りの白花豆の種子を譲り受けました。
白花豆は、つるが伸び、「女竹」といわれる支柱が使われ、多くの手間がかかります。当時は冬に裏の川の柳を切り、枝をおろして、豆の支柱に使いました。この地域での栽培が難しいと言われていた白花豆ですが数々の困難や失敗を重ね、現在では地域の栽培技術も確立され温根湯は日本一の生産量を誇る産地となったのです。
白花豆の栽培にはこのように多くの労力がかかりますが、価格が安定し農業経営が成り立っています。そのため『高級菜豆』と呼ばれています。

title05

山形県より入植して80年以上続く4代目農家。
入植当初は瑞穂の丸山で農業を営みましたが、畑の条件が悪かったため親戚を頼り現在の地で薄荷(ハッカ)栽培を始めました。
当時の北見は世界一の薄荷王国でしたが、安い輸入薄荷が入るようになり衰退。次に力をいれた作物の米も冷害に悩まれ、国の減反政策もあり稲作から畑作へと転換し、昭和30年代には二代目の森谷吉蔵が白花豆の栽培を始めました。
それから、昭和40年代に入って森谷ファームの基幹作物となる玉葱栽培を始め、現在では35haの生産規模となったのです。栽培品種

title01

安価で年中手に入り、煮ても炒めても生でも美味しい玉ねぎ。血液がサラサラになるという事は広く知られていますが、玉ねぎの健康パワーはそれだけではありません。
pic01

title02

玉ねぎの成分は調理法によって変化します。目的にあった方法で調理する事でより効率的に栄養を摂取する事が出来るというおはなし。

title03

玉ねぎに含まれる硫化プロピルは加熱する事でトリスルフィドという物質へと変化していきます。
トリスルフィドは、肥満や生活習慣病の原因にもなるコレステロールや中性脂肪値を低下させる作用があり、さらに長時間の加熱調理をすることで成分が凝縮されます。独特の匂いや刺激が和らぎ苦手な人でも食べやすくなるでしょう。

title03

玉ねぎの匂い成分である硫化アリルは、ビタミンB1の吸収率をアップしたり、肉や魚などの臭みを消す働きがありますが、加熱によりその成分が失われてしまいます。
また、血栓を予防し血液をサラサラにしてくれる効果のあるアリシンは水に溶けやすいため、水さらしせず食べるのがおすすめです。その時、15分ほど放置する事で栄養成分が安定し効果的にアリシンを摂取できます。

title09
ショップ玉ねぎ
ショップ白花豆